ハーレーで人気のモデルはスポーツスターです

ハーレーで人気のモデルはスポーツスター

人気のハーレー

ハーレーで人気のモデル「スポーツスター」。

このスポーツスターの特徴とメリット、デメリットについてご紹介します。

「スポーツスター」は低価格で手に入る

ハーレーのイメージといえば、高いものは車の価格よりも高い!と思っている人も多いですが、実は100万円代で購入できるモデルもたくさんあります。

特に「ストリート」「スポーツスター」などは新車価格でも安く、購入しやすい価格帯となっています。

試しに2018年式の「スポーツスター XL883L スーパーロー」というものを基準にすると、メーカー希望小売価格で 129万4,000円(税込)となっています。

ちょっと手が届かない高嶺の花だと思っていたものが、この価格で購入できるなら?と思いませんか。

1200CCの大きめのサイズでも車体価格が200万円しないものありますので、そういう点でも人気のある種類です。

スポーツスタイルでスッキリと乗れる

「スポーツスター」の人気のあるポイントは、大きさやスマートさにもあると思います。

小さいものだと、883CCから販売されていて、ハレーダビットソンでは300kgを超えるサイズもあるなか、200kg中盤のサイズ感です。

もちろん400CCの普通のバイクと比べると大きくはありますが、ハーレーの中でもサイズで人気もあります。

スポーツスターは6つのグレードがあり、それぞれにサイズ感が少しずつ違いますが、大きさなどを含めて女性でも乗りやすいハーレーの印象があり、人気があります。

ハーレーらしくない?

ハーレーのイメージが、大きい!重い!重厚感!と考えている人にとっては「スポーツスター」は、別ものに感じてしまう人もいます。

ハーレーの中でも購入する人が多いため、ツーリング先でも見かける機会は多いです。そういう点からもハーレーの個性を感じない。というイメージを感じてしまう人も少なからずいます。

しかし「スポーツスター」は、50年以上の歴史を持つ、ハーレー社の代表するモデルです。

歴史が重ねるにつれて洗練されており、評価も高いモデルとなっています。

カスタムパーツが豊富。いろいろな楽しみ方がある。

「スポーツスター」は人気があり、気軽に乗れるタイプであるからこそカスタムパーツが豊富にあるのも特徴です。

ハンドルバーやシート、ステップ、サスペンション、特にハンドル選びは、バイクの印象を大きく変えますので、こだわりを持つ方も多いです。

また、走行時のホイールと車体を支えるサスペンション。ここがうまく動作することで、走行時の衝撃を和らげ、運転性能が変わります。

細かい部分までたくさんカスタムパーツが存在しますので、反対に悩んでしまうことにもなります。

市場に多くあるからこそ、カスタムパーツも多く、自分の一台にするために色々と手を加えるということも大切です。

こんな人におすすめ

ハーレーが初めてで、スポーティに乗りたい、大きめのバイクに自信がない。だけどハーレーに乗りたい。手軽にハーレーを楽しみたい。など「スポーツスター」のメリットは多く、いろいろな人に乗っていただける一機種です。

ハーレースポーツスターをご検討されている方の、参考になればと思います。