ハーレーがLEDになったメリット ウインカーとテールライト

ハーレーもLEDになった ウインカーとテールライト

LEDに交換できる

ハーレーダビットソンのカスタムにおいて、ランプ周りを変えたいと考えている人。実はハーレーダビットソンもLEDランプが使えるようになっているのをご存知ですか?

今回は、そんなLEDへのカスタムを検討している方のための、LEDライトのメリットや特徴をご紹介します。

特にヘッドライトやウインカー、テールランプなど、見た目と違って実際に光を発する部分ですので、ここをカスタムすることは大きくイメージが変わります。

LEDライトの明るさについて

ヘッドライトなどは特に、夜の運転時に大切な部分です。

このヘッドライトは一つ一つ色味や明るさが違うので、随分と印象が変わってきます。

今のバイクのヘッドライトでハロゲンのタイプを使っているのであれば、LEDヘッドライトは明るく感じると思います。

色味も違いがあり、ハロゲンと比べると白く光ります。照らす灯りも明るいですが、ライトを直接見た目も白く明るい感じがあります。

やはりハロゲンはぼんやりとオレンジ色に見えますが、そこにも違いがあります。LEDは明るく運転時の視認性もよくなります。

LEDは寿命が長い!

LEDのライトが明るいということがわかったかと思いますが、さらに長寿命であることが知られています。

メーカーや種類にもよりますが、100倍ぐらい寿命が長いと言われることも、ハロゲンやHIDのライトに比べるとかなり長く持ちますね。

これだけ長くなると、下手するとバイクよりも寿命が長いことになります。

そのため球切れの心配も少ないのがLEDのメリットでもあります。

HIDと比べると起動時間が短い

明るいライトとして人気のあるHIDですが、明るい状態になるまで少しだけタイムラグがあるのが、デメリットと言われていました。

パッシングなどの動作において、一瞬で明るさを求められるときはちょっと物足りないです。

そこでLEDライトは明るさもあり、立ち上がりが速いこともあって、この問題点を解決してくれる要素も持っています。

さらにHIDよりも省電力であるため、バッテリー負担も少ないとされています。

LEDライトに最後に言えること。

ハーレーダビットソンもLEDライトが使える時代になりました。

社外品の中にもハーレー純正のLEDヘッドライト同様に、プロジェクタータイプのライトも販売されていて、車検対応可能なものもあるようです。

LEDは先に説明したように、明るさや省電力、長寿命という点でメリットも多く、今後のヘッド、テール、ウインカーなどのライトのスタンダードになって行くことが予想されます。

これを機に、LEDライトへのカスタムを考えてみてはいかかでしょうか?