シートは交換した方がいい 自分に合ったハーレーのシートを選ぶ

シートは交換した方がいい 自分に合ったハーレーのシート

ハーレー展示

ハーレーのエンジンやマフラーのメンテナンスはチェックしても、意外と見落としがちなのがシートの状態です。擦り切れやほころびなど、長年乗っていても今まで気にしたことはなかった、という人も多いのではないでしょうか。シートは体の重心を乗せる1番大事な部分であり、結構目立つパーツでもあります。ハーレーシートの選び方や、お手入れ方法などについてご紹介します。

シートの状態をチェックしてみる

ふだん乗っているハーレーのシートについて、まずは状態のチェックをしてみましょう。

傷や汚れ、変色などをチェック

日中の明るいうちに、シート全体を目視してみます。チェックするポイントとしては

  • ・細かな傷がないか
  • ・擦り切れて表面が薄くなっている箇所がないか
  • ・汚れや損傷の有無
  • ・日焼け、変色

といったところを見ます。

乗り心地をチェック

汚れや傷のチェックができたら、今度は乗り心地を確認しましょう。ふだん走行していてなんとなく座りが悪かったり、車高が高く感じる、足がつかないといった不便さがあるなら、シートがフィットしていない可能性があります。

シルエットをチェック

ハーレーを購入しようと考えたとき、必ず「かっこいい」と感じたモデルとなるものがあったはずです。自分の持っているハーレーのシルエットに満足できているか、シートを替えることによって更にスタイリッシュにできるか、といった点も見ておきましょう。

ハーレーシートのお手入れ方法

ちょっとした汚れや傷なら、シートの手入れをすることで状態が格段に良くすることができます。

オイルと乾拭きはこまめに

色あせや変色、細かい傷やちょっとしたひび割れ程度なら、レザー用のオイルを塗布したり、乾拭きをすることでツヤや色が戻り、かなり美しい仕上がりにできます。また、お手入れすることで耐久性を高め、ダメージ予防にも効果があります。革製品は靴の手入れと同じように、水分を避けてこまめにメンテナンスをすることで、長く美しい状態を保てるのです。

小さなダメージは補修アイテムを活用

小さな破れやダメージであれば、ゴム製シールのような補修アイテムで目立たなくすることも可能です。きれいに補修できる自信がない場合は、シート全体を覆うカバーをかけるのもよいでしょう。

ハーレーシートの変え方、選び方

自己メンテナンスでは改善できないダメージや乗り心地の違和感、シルエットに不満が残る場合は、シートを変えてみましょう。

シートの変え方

ハーレーのシートを変える方法は種類によって多少違いますが、大まかな手順は以下の通りです。

  • 1.後部にあるボルトを外す
  • 2.後ろへずらす

後ろへずらして外れない場合は、1度前方へ押してから後方へずらします。タンデムシートはまずタンデムベルトを外しましょう。

シートの選び方

シートにはカスタム対応力の高い汎用タイプと、ボルトインで装着できる専用タイプがあります。細かくカスタムしたいなら汎用タイプ、簡単に付け替えたいなら専用タイプを選びます。