ハーレーのオイルの交換方法と選び方

ハーレーのオイル 交換方法と選び方

ハーレーライダー

ハーレーのオイル交換は、初心者の方でも比較的簡単にできるといわれています。ハーレーのエンジンオイルの交換方法や、オイルの購入方法などについてご紹介します。

オイル交換に必要なもの

エンジンオイルの交換時に必要な道具は以下の通りです。

  • ・オイルフィルター
  • ・フィルターレンチ、ラチェットレンチ
  • ・エンジンオイル
  • ・ソケット
  • ・じょうご

他には抜いたオイルを処分する時に使う油処理バッグや、交換用のワッシャーなども準備しておくとよいでしょう。

オイル交換の手順

エンジンオイルの交換方法は以下のようになります。

軽く走り、オイルを暖める

オイル交換前に軽くハーレーを走らせて、エンジンオイルを暖めておきましょう。暖めることで常温のときよりもオイルがサラッとするので、抜く時間が短縮できます。

ドレンボルトからオイルを抜く

暖め終わったら、ドレンボルトを緩めてオイルを抜きます。ドレンボルトの位置はハーレーの車種によって違うため、事前に場所を確認しておくとよいでしょう。
オイルが完全に抜けたら、元通りボルトを締めます。このとき、ワッシャーが傷んでいたら新しいものに交換します。
ワッシャーを新しくして、しっかりとボルトを締めることでオイル漏れを防ぎますが、締めすぎるとネジ穴が破損する原因になるので注意します。抜き取ったオイルは廃油処理用バッグに入れましょう。

オイルフィルターの交換

オイルフィルターの交換は毎回でなくてもよいですが、2回に1回程度の交換をおすすめします。新品のフィルターには、あらかじめエンジンオイルを注いでおき、レンチを使って古いフィルターを外して取り付けます。古いフィルターを外す時にもオイルが漏れるため、汚れてもよいように新聞紙やシートなどを敷いておきましょう。フィルターの交換が終わったら、エンジンオイルを注いでいきます。オイルは暖めると容量が増えるため、注ぎ過ぎないように注意します。

エンジンオイルの購入方法

ハーレーのエンジンオイルにはさまざまな種類があり、粘度や耐久性など、季節によってオイルを使い分けているオーナーもいます。エンジンオイルを購入する際はバイクショップへ行くのもよいですが、種類ごとに特徴や価格が比較できるネット通販での購入もおすすめです。

いかがでしょうか。手順を見ると、ハーレーのオイル交換はそこまで難しくなく、初心者でもできるということがわかりますね。これまでショップに任せていた、という人も、オイル交換ならチャレンジできるのではないでしょうか。